包茎と性病の関係

包茎の男性が一番悩まされることに「臭い」というものが存在してきます。
これに関しては、亀頭が常に包皮に覆われていますので雑菌の温床にもなっています。
ですが、仮性包茎のように手を使って剥けるのであれば常に清潔に保つことができますので、この「臭い」という悩みからも開放されるはずです。

そして、この次に悩まされる要素の「病気」の問題が出てきてしまいます。
そもそも、包茎と性病には密接な関係があるとされており、また性病以外にも病気の原因になる可能性が高いのです。
包皮が被っているために亀頭が洗浄できず、そこに尿や垢が溜まりやすいですので、結果的にそこへ病原菌が繁殖して性病や尿道などに関する病気も併発しやすい傾向にあるということなのです。
もちろん必ずしもということではありませんが、それだけ包茎であるということは病気感染のリスクを高めるということをしっかりと把握しておいたほうがいいでしょう。

まず、性病以外の病気としては「尿路感染症」や「陰茎ガン」の原因になる可能性が高いです。
包茎だと尿が包皮と亀頭の間に溜まります。
また、他にも垢など様々なものが間に溜まってしまいます。
この垢や尿は、本来であれば老廃物として体外に排出しなければならないものであり、それを溜めるのですから当然それを原因とした病気になる可能性というのは飛躍的に上昇してくるということなのです。

特に、「尿路感染症」は決して良いといえる状態ではなく、そもそも「尿路感染症」は「腎臓」、「膀胱」、「尿道」など尿路にみられる細菌感染症の総称でもあるのです。
つまり、「腎臓炎」、「膀胱炎」、「尿道炎」など様々な病気に感染するリスクが加速度的に高まっていくのです。
後、「亀頭包皮炎」にも注意が必要で、亀頭に炎症が起こる症状ですから「亀頭」、「尿道」、そして「尿路」へと感染が広がっていきます。
そして、性病としてはやはりエイズが問題でしょう。

基本的に、多人数との性交渉をしないということ大前提ですが、包茎であるとそれだけ病原菌を保有しやすくもなるのです。
洗浄することもできませんから、結局そこから繁殖して病気になるという流れなのです。
他にも「梅毒」や「性器ヘルペス」など数多くの性病というものが地球上に数多く存在しています。
そこで誤解しないでほしいのですが、包茎であるから性病のキャリアなのではなく、包茎のために陰茎を洗浄できないため病原菌が繁殖するということです。
包茎であってもきちんと清潔にしていれば性病もそれ以外の病気も防ぐことが十分にできるということなのです。