ほとんどが仮性包茎

包茎というのは大きく分けると3種類ありまして、軽い順番からいいますと「仮性包茎」、「真性包茎」、「カントン包茎」の順番に包茎の重みも変わってきます。
その中でも、「仮性包茎」は決して世間で嫌な目で見られるようなものでもなく、日本人男性の約6割~7割の男性は「仮性包茎」に分類されているのです。
「仮性包茎」というのは、通常は包皮が亀頭を覆っている状態でいますが、勃起時には亀頭が自然に露出する状態のことをいいます。
基本的には、性交渉にも影響がなくあまり問題にもならない状態であり、ましてや不潔感もなく違和感もないのです。
一言でいってしまえば、「仮性包茎」は病理的に包茎ではないということなのです。

国際的な基準に照らし合わせれば、陰茎の状態を問わずに常に皮が被っている状態のことを包茎と呼びます。
日本では特に「真性包茎」として区別されていますが、「真性」や「仮性」という区別をするのは正直なところ日本だけなのです。
他の国でも、基本的に男性は通常時には皮が被ったままの状態で放置されています。
要するに、通常時にでも手を使えば剥くことができますので、きちんと皮を剥き常日頃から清潔に心がけておくことが大事だということです。
手入れが簡単ですので、悩まずに毎日きちんと洗浄しておきましょう。
そうすることで正しい性交渉ができるということなのです。

基本的に、国家を問わず大体の男性は「仮性包茎」であると考えれば少しは楽になるのではないかと思われます。
「仮性包茎」を悩みの種にするのは非常に面倒なことなのですが、稀に「仮性包茎」であっても治療が必要となる場合もあるということは知っておかなければなりません。
とはいえ、一番多い皮が伸びきってしまって亀頭が覆われている非絞約型は治療が必要ありません。
皮をたたむこともできますし、剥くこともできますし、自然に露出することもできますので悩む必要は全くないのです。
ですが、誰からの目から見ても垂れており、見栄えが悪いようならば切除することも考えたほうがいいでしょう。

しかし、皮の出口が小さい絞約型の場合は無理をしないことが一番になります。
これは陰茎が小さいために起きている症状であり、強引に露出すると締めあげることになり壊死する可能性もあるのです。
そういった際は、多少の痛みは出てくるはずですので、速やかに病院へ行って手術や治療をすることが先決となってきます。
このケースだとほとんどの場合が保険適用ですので、3割負担で治療を受けることができます。