大きく分けて3種類

一般的に包茎というのは男性にしかならないものであり、当の本人であれば包茎の情報は持っているものでありますが、非包茎の男性や女性の中には包茎の情報を間違って解釈している人も多くいるのではないかと感じます。
まず、包茎というのは亀頭と包皮がくっついて、包皮を剥くことができない状態のことをいいます。
「くっついて」というと表現をしてしまうと少々語弊がありますので、皮が被った状態のことをここでは指します。
また、完全に露出している場合は露茎と呼んで区別しており、露茎である可能性は非常に少ないのです。
これに関しては成人男性の約一割程度だといわれており、またこれはこれで感染症などの原因にもなるので注意が必要なのです。

そこで、一口に包茎といっても大きく分けて3種類のタイプがあります。
「仮性包茎」、「真性包茎」、「カントン包茎」、の3種類とされています。
まず、「仮性包茎」は平常時は少し隠れている程度で、勃起すると亀頭が露出することです。
成人男性の約7割がこの「仮性包茎」という統計も出ていますのであまり気にする必要はないのですが、しかし痛みを感じる場合や異臭がするなどであれば何かしらの治療が必要となります。
また、平均的なペニスのサイズがあるにも関わらず、包茎である場合は包皮が余っている可能性があります。
この場合も治療が必要になる可能性もありますので、十分な注意が必要となるのです。

次に、「真性包茎」は平常時も勃起時も亀頭が少ししか出てない状態をいいます。
基本的に、この状態を国際的な医療基準では病理として認めており、各種保険などの治療を受けられるようになっているのです。
非常に不潔になりやすく、また性病のキャリアにもなる可能性が高く、女性との性交渉が難しくなるといことも決してなくはありません。
最後に、無理やり包皮を剥いてしまい皮が根元を圧迫している状態のペニスを「カントン包茎」といいます。
血液やリンパ液の流れが悪くなり、最悪の場合は壊死してしまう可能性もありえるのです。

また、剥いた皮の部分に病原菌が入りそこから性病に発展してしまう可能性もありえますので、一刻も早い治療が必要になってくるのです。
そもそもペニスは男の象徴でもあり、大きければ大きいほどそれだけステイタスになるのは男なら誰でもわかることだと思われます。
他にも、包茎であることは不潔であったりとマイナスなイメージが付きまとうものなのです。
そして、包茎も日本人男性の6割~7割は同じような症状で、実際に治療が必要になるケースはもっと稀になります。
要するに、あまり包茎だからといって悩むのは時間の無駄ではないかとも感じます。
とはいえ、病気であるのでしたら早めの治療をしなければ取り返しのつかないことにもなりますので注意が必要なのです。