包茎と性病の関係

包茎の男性が一番悩まされることに「臭い」というものが存在してきます。
これに関しては、亀頭が常に包皮に覆われていますので雑菌の温床にもなっています。
ですが、仮性包茎のように手を使って剥けるのであれば常に清潔に保つことができますので、この「臭い」という悩みからも開放されるはずです。

そして、この次に悩まされる要素の「病気」の問題が出てきてしまいます。
そもそも、包茎と性病には密接な関係があるとされており、また性病以外にも病気の原因になる可能性が高いのです。
包皮が被っているために亀頭が洗浄できず、そこに尿や垢が溜まりやすいですので、結果的にそこへ病原菌が繁殖して性病や尿道などに関する病気も併発しやすい傾向にあるということなのです。
もちろん必ずしもということではありませんが、それだけ包茎であるということは病気感染のリスクを高めるということをしっかりと把握しておいたほうがいいでしょう。

まず、性病以外の病気としては「尿路感染症」や「陰茎ガン」の原因になる可能性が高いです。
包茎だと尿が包皮と亀頭の間に溜まります。
また、他にも垢など様々なものが間に溜まってしまいます。
この垢や尿は、本来であれば老廃物として体外に排出しなければならないものであり、それを溜めるのですから当然それを原因とした病気になる可能性というのは飛躍的に上昇してくるということなのです。

特に、「尿路感染症」は決して良いといえる状態ではなく、そもそも「尿路感染症」は「腎臓」、「膀胱」、「尿道」など尿路にみられる細菌感染症の総称でもあるのです。
つまり、「腎臓炎」、「膀胱炎」、「尿道炎」など様々な病気に感染するリスクが加速度的に高まっていくのです。
後、「亀頭包皮炎」にも注意が必要で、亀頭に炎症が起こる症状ですから「亀頭」、「尿道」、そして「尿路」へと感染が広がっていきます。
そして、性病としてはやはりエイズが問題でしょう。

基本的に、多人数との性交渉をしないということ大前提ですが、包茎であるとそれだけ病原菌を保有しやすくもなるのです。
洗浄することもできませんから、結局そこから繁殖して病気になるという流れなのです。
他にも「梅毒」や「性器ヘルペス」など数多くの性病というものが地球上に数多く存在しています。
そこで誤解しないでほしいのですが、包茎であるから性病のキャリアなのではなく、包茎のために陰茎を洗浄できないため病原菌が繁殖するということです。
包茎であってもきちんと清潔にしていれば性病もそれ以外の病気も防ぐことが十分にできるということなのです。

ほとんどが仮性包茎

包茎というのは大きく分けると3種類ありまして、軽い順番からいいますと「仮性包茎」、「真性包茎」、「カントン包茎」の順番に包茎の重みも変わってきます。
その中でも、「仮性包茎」は決して世間で嫌な目で見られるようなものでもなく、日本人男性の約6割~7割の男性は「仮性包茎」に分類されているのです。
「仮性包茎」というのは、通常は包皮が亀頭を覆っている状態でいますが、勃起時には亀頭が自然に露出する状態のことをいいます。
基本的には、性交渉にも影響がなくあまり問題にもならない状態であり、ましてや不潔感もなく違和感もないのです。
一言でいってしまえば、「仮性包茎」は病理的に包茎ではないということなのです。

国際的な基準に照らし合わせれば、陰茎の状態を問わずに常に皮が被っている状態のことを包茎と呼びます。
日本では特に「真性包茎」として区別されていますが、「真性」や「仮性」という区別をするのは正直なところ日本だけなのです。
他の国でも、基本的に男性は通常時には皮が被ったままの状態で放置されています。
要するに、通常時にでも手を使えば剥くことができますので、きちんと皮を剥き常日頃から清潔に心がけておくことが大事だということです。
手入れが簡単ですので、悩まずに毎日きちんと洗浄しておきましょう。
そうすることで正しい性交渉ができるということなのです。

基本的に、国家を問わず大体の男性は「仮性包茎」であると考えれば少しは楽になるのではないかと思われます。
「仮性包茎」を悩みの種にするのは非常に面倒なことなのですが、稀に「仮性包茎」であっても治療が必要となる場合もあるということは知っておかなければなりません。
とはいえ、一番多い皮が伸びきってしまって亀頭が覆われている非絞約型は治療が必要ありません。
皮をたたむこともできますし、剥くこともできますし、自然に露出することもできますので悩む必要は全くないのです。
ですが、誰からの目から見ても垂れており、見栄えが悪いようならば切除することも考えたほうがいいでしょう。

しかし、皮の出口が小さい絞約型の場合は無理をしないことが一番になります。
これは陰茎が小さいために起きている症状であり、強引に露出すると締めあげることになり壊死する可能性もあるのです。
そういった際は、多少の痛みは出てくるはずですので、速やかに病院へ行って手術や治療をすることが先決となってきます。
このケースだとほとんどの場合が保険適用ですので、3割負担で治療を受けることができます。

大きく分けて3種類

一般的に包茎というのは男性にしかならないものであり、当の本人であれば包茎の情報は持っているものでありますが、非包茎の男性や女性の中には包茎の情報を間違って解釈している人も多くいるのではないかと感じます。
まず、包茎というのは亀頭と包皮がくっついて、包皮を剥くことができない状態のことをいいます。
「くっついて」というと表現をしてしまうと少々語弊がありますので、皮が被った状態のことをここでは指します。
また、完全に露出している場合は露茎と呼んで区別しており、露茎である可能性は非常に少ないのです。
これに関しては成人男性の約一割程度だといわれており、またこれはこれで感染症などの原因にもなるので注意が必要なのです。

そこで、一口に包茎といっても大きく分けて3種類のタイプがあります。
「仮性包茎」、「真性包茎」、「カントン包茎」、の3種類とされています。
まず、「仮性包茎」は平常時は少し隠れている程度で、勃起すると亀頭が露出することです。
成人男性の約7割がこの「仮性包茎」という統計も出ていますのであまり気にする必要はないのですが、しかし痛みを感じる場合や異臭がするなどであれば何かしらの治療が必要となります。
また、平均的なペニスのサイズがあるにも関わらず、包茎である場合は包皮が余っている可能性があります。
この場合も治療が必要になる可能性もありますので、十分な注意が必要となるのです。

次に、「真性包茎」は平常時も勃起時も亀頭が少ししか出てない状態をいいます。
基本的に、この状態を国際的な医療基準では病理として認めており、各種保険などの治療を受けられるようになっているのです。
非常に不潔になりやすく、また性病のキャリアにもなる可能性が高く、女性との性交渉が難しくなるといことも決してなくはありません。
最後に、無理やり包皮を剥いてしまい皮が根元を圧迫している状態のペニスを「カントン包茎」といいます。
血液やリンパ液の流れが悪くなり、最悪の場合は壊死してしまう可能性もありえるのです。

また、剥いた皮の部分に病原菌が入りそこから性病に発展してしまう可能性もありえますので、一刻も早い治療が必要になってくるのです。
そもそもペニスは男の象徴でもあり、大きければ大きいほどそれだけステイタスになるのは男なら誰でもわかることだと思われます。
他にも、包茎であることは不潔であったりとマイナスなイメージが付きまとうものなのです。
そして、包茎も日本人男性の6割~7割は同じような症状で、実際に治療が必要になるケースはもっと稀になります。
要するに、あまり包茎だからといって悩むのは時間の無駄ではないかとも感じます。
とはいえ、病気であるのでしたら早めの治療をしなければ取り返しのつかないことにもなりますので注意が必要なのです。